コンピューター1ページ:起死回生|相互リンクSEO-P-Link ver3.5改

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

コンピューター:サブページ

カテゴリー

コンピューター登録サイト一覧

 このページは、起死回生|相互リンクSEO-P-Link ver3.5改のコンピューターカテゴリ(1)ページです。コンピューター(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、起死回生|相互リンクSEO-P-Link ver3.5改は、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはコンピューター:2ページで表示しています。
この続きはコンピューター:2ページで表示しています。

 実装上のウイルスの起源は1960年代にC言語の開発者としても知られるデニス・リッチーらによって作成されたDarwinおよびその移植CoreWarsという対戦型のコンピュータゲームにまでさかのぼる。DarwinはPDP-1上で動作する仮想機械上で、ターゲットを上書きすることで勝利する、疑似アセンブリコード同士を競わせるプログラムであり、当初は生命の定義や人工生命の可能性についての研究―自身を複製できるものが生命なのか、生命が存在するために最低限必要なことはなにか(捕食対象の識別、あるいは自己と他者の認識や自己防衛とは何か)―を研究するための“仮想環境と生態系”として研究者に利用されていた。やがてプラットフォームの更新による仮想機械や実行環境の整備、という工程を短絡させる形で現在の、『ネイティブなソフトウェア』としてのウイルスにその流れが引き継がれることになった。「コンピュータウイルス」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』(最終更新 2012年11月26日 (月) 01:51)

このページの先頭へ